全国の歯科医院を探すなら「いい歯医者」

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正中の痛み対策

歯列矯正には痛みが伴う

歯列矯正には痛みが伴う

歯の矯正で一般的な治療方法としてワイヤー矯正とマウスピース矯正があります。意外と知られていないのが、これらの矯正装置を使用した長期間の歯列矯正には痛みを伴います。また矯正中の痛みに対してどういった対策ができるのかを解説いたします。

歯列矯正の痛みには種類がある

歯列矯正の痛みには種類がある

歯の矯正中の痛みには、大きく分けると2種類のものがあります。ひとつは、歯を動かす時、動くときに感じる痛みです。ジーンとした鈍い痛みや、締め付けられるような窮屈感、圧迫感にも似ています。

ワイヤー矯正の場合、ワイヤーを交換した後にしばらく続きます。目安としては、3日程度続くことが多いです。よく歯の矯正をした方が感じる、一番多い痛みの種類だと思います。これは歯を動かすことで感じる痛みですので、ワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも感じます。

もうひとつは、ワイヤー矯正だけですが、物理的にワイヤーやブラケットで舌や唇が切れることによる痛みです。これは口の中を咬んでしまったときや、尖った物を食べた際に、口の中が傷ついてしまったときに起こる口内炎に近い感覚です。それぞれ原因が異なりますので対策、対処法も変わってきます。

歯列矯正中に歯が動く時の痛みの原因とその対応

歯列矯正中に歯が動く時の痛みの原因とその対応

実は歯は何も装置を付けていなくとも動きます。生理的な動きとして、食事による咀嚼、会話による発音や口周りの筋肉や舌の動きによるもの、また成長や加齢からも歯は動きます。また病的な動きとして、虫歯により歯の形が変わったことでできたスペースによるもの、歯周病で歯茎や骨がやせたことで歯が動くこともあります。

これらとは別にワイヤー矯正・マウスピース矯正の歯科矯正は、ブラケット、ワイヤー、マウスピースなどの矯正装置で、歯に弱い継続的な負荷をかけることにより骨の代謝を促し、歯並びを整えていくものです。しかし、上記二つは動くことによる痛みを自覚することは多くないと思います。ではなぜ矯正をして歯を動かすと歯が痛いのでしょうか。

歯の構造上、歯は骨に埋まっています。そして骨と歯の接合面には、歯根膜というコラーゲンがあります。この歯根膜の厚みは平均的に0.5mmあります。持続的にこの歯根膜を押す力がかかると、その周りの骨が溶けたり作られたりする反応が起こり、これにより歯が動きます。この反応時、炎症反応が起こり痛みを感じるのです。

また強い矯正力をかけ、1か月の歯の移動量が0.5mmを超えると個人差はありますが強い痛みを感じます。

この歯科矯正に伴う痛みは3日間程度でなくなるものですが、この間つらいときは、我慢せず痛み止めを飲みましょう。市販の痛み止め(バファリンやロキソニンなど)でも十分効果がありますので、痛み止めがなくなった時は薬局でも購入できると思います。

その間は、できるだけ栄養価が高く柔らかいものがおすすめです。箸で切れるゼリーや豆腐、柔らかく煮込んだハンバーグなどがよいかと思います。柔らかいと思っていても、意外と日常の食事は固いことに気が付くかもしれません。

ワイヤー矯正中のワイヤーやブラケットにより、口内が切れたり、傷ついたりした時の対応

ワイヤー矯正中のワイヤーやブラケットにより、口内が切れたり、傷ついたりした時の対応

ワイヤー矯正中ににワイヤーやブラケットなどの矯正装置が外れたり、長かったり、尖っていたりすることで、口の中の粘膜や舌にあたり、傷つけてしまうことがあります。出血することもあります。

この場合は、傷口に表面麻酔のクリームを塗ったり、口内炎の薬を塗ったりします。

また、矯正装置が気になる場合には、専用ワックスで覆い隠すことで再発を防いだり予防したりもできます。慣れないうちは、ワックスを多めに歯科医院でもらうようにしましょう。

ワイヤーで舌が切れた時は、矯正用ワックスを使ってブラケットを覆い、舌や唇を保護します。こちらの痛みの場合は、できるだけ早めに歯科医院に相談することをおすすめいたします。


ワイヤー矯正の歴史

ワイヤー矯正の歴史

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

ワイヤー矯正中の歯のケアと注意点

関連記事

マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

マウスピース矯正をする前に知っておきたいこと

歯並びが悪い原因と種類別の影響と矯正法

歯並びが悪い原因と種類別の影響と矯正法

ワイヤー矯正の歴史

ワイヤー矯正の歴史

歯の矯正で医療費控除は適用されるの?

ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せるの?

ガタガタした叢生(乱杭歯)の歯並びは歯科矯正で治せるの?

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

歯科治療における保険診療と自費診療の違い

過蓋咬合とは?その原因と大人と子供の矯正治療

過蓋咬合とは?その原因と大人と子供の矯正治療

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方

歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方