全国の歯科医院を探すなら「いい歯医者」

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミック治療を受けたいと思っているものの、失敗したらどうしようと不安に感じている人はいませんか?

確かにオールセラミックで失敗して後悔している人はいます。いったいどのようなことで失敗し、後悔しているのか確認しておきましょう。

オールセラミックとは

オールセラミックとは

オールセラミックとは、100%セラミック、つまり陶器でできた人工の歯を詰め物や被せ物にする治療法のことです。また、口の中のすべての詰め物や被せ物をすべてオールセラミックにするという意味で使われることもあります。ちなみにオールセラミックの詰め物をオールセラミックインレー、被せ物をオールセラミッククラウンと呼びます。

詰め物や被せ物には、ほかに金属やレジンというプラスチックなどの材質がありますが、オールセラミックは。それらと比べて透明度が高く白く美しい歯を実現できます。つまり、最も見た目が美しいと言っても過言ではない詰め物や被せ物です。

従来は、詰め物や被せ物というと銀歯やレジンが当たり前でしたが、そうした審美性の高さから、近年、オールセラミックの材質を選択する人が増えています。

オールセラミックのデメリット

オールセラミックのデメリット

しかし、オールセラミックにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

まず一番のデメリットは、材質的に金属と比べると欠けやすい点、そしてその欠けやすいことを補うために厚く作る必要があり、そのためより歯を削る必要があることです。オールセラミックは陶器と同じ素材ですから、強い刺激を加えると割れてしまいます。もちろんちょっとものを噛んだだけで割れることはありませんが、強く歯ぎしりを続けたり、事故などで強い衝撃を受けたりすると欠けやすくなります。

このことからオールセラミッククラウンでは、割れにくくするために、できるだけ厚めに歯を作って被せることになります。そして、被せられる土台となる歯を必要な分だけ削る必要があるのです。健康な歯を削るのは、歯の寿命を縮ませることになりますので、オールセラミックのデメリットといえます。

また、オールセラミック治療は保険が適用されないため、自費診療になり、治療費が高額になりやすくなります。1本10万円前後が相場で、高いところだと15万円ほどかかるところもあります。

オールセラミックの失敗例とリスク対応

オールセラミックの失敗例とリスク対応

オールセラミックには、これらのデメリットのほか、治療を受けて失敗することもあります。実際に治療の予後にやり直しや歯の作り直しになって、後悔している人もいるようです。オールセラミックの治療では、どのような失敗が起きており、どのようなリスク対応が必要なのかを知っておきましょう。

仕上がりが不自然になってしまった

オールセラミックの治療は特に問題なく成功したものの、仕上がりが不自然になってしまうケースがあります。例えば、歯の色が白すぎて自分の他の歯と色味が合っていない、歯の形が不自然で違和感があるなどです。人から見ればそれほどおかしくないという場合でも、あまりに綺麗に整いすぎていて「自分ではないみたい」と悩む人もいます。

このような仕上がりの不自然さの失敗や後悔を防ぐためには、完成した状態をシミュレーションできる、仮歯の時点で歯の形を相談できる歯科医師がいる歯医者に相談するのをおすすめします。

また色についても豊富な中から選ぶことができ、オールセラミック治療の経験が豊富で、天然の歯の色と入念に合わせてくれる歯科医師が理想です。

歯茎やせによって歯と歯茎の境目が見えるようになった

オールセラミックに限らず、差し歯は加齢や歯周病が原因で歯茎がやせることで、差し歯と歯茎の境目に隙間が生じてしまうことがあります。それだけでも見た目が美しくないですが、下の土台となる歯が見えてしまうこともあります。せっかく歯を綺麗にしたのに審美性が落ちたと後悔している人もいます。

このような歯と歯茎の境目が露出することを防ぐには、加齢によるものは仕方がないものの、歯周病などは定期的にメンテナンスを受けていれば防げる可能性が高まります。

虫歯になってしまった

差し歯の下の歯が虫歯になるケースは決して珍しくはありません。特に金属の差し歯だと経年劣化で歯と差し歯の間に隙間が生じやすいところがあります。

オールセラミックでも歯茎がやせる、もともとしっかりと装着されていなかったといったケースでは、差し歯と歯茎の間に隙間ができてしまい、土台の歯が虫歯になってしまうことがあるのです。

もともと下の歯の虫歯治療の後に差し歯を差した場合、二度目の虫歯という意味で「二次カリエス」という名称で呼ばれることがあります。

土台の歯が虫歯になってしまったら、虫歯治療が必要になります。通常の虫歯治療が行われますが、虫歯の部分を削ってしまうと、神経に達してしまうことがあります。その場合、神経を抜かなければならないこともあります。

こうした虫歯になるという大きな失敗が起きないようにするには、定期的なメンテナンスを行ってくれる歯科医院を選ぶのをおすすめします。歯茎やせなどで隙間が生じた場合も早めに気づいて処置をすれば隙間から虫歯菌が入り込んで虫歯になるリスクも減ります。

差し歯が欠けてしまった

オールセラミックの材質は、もともと金属などと比べると強度に劣るため、差し歯が欠けてしまうことがあります。先ほどもご説明した通り、陶器と同じ材質であるために起きることです。

対処法としては、まずオールセラミックも、かつては脆いといわれていたものの、最近では比較的硬い、新しいセラミックが登場してきているため、そうした新しい強度の高いセラミックを取り扱っている歯科医院で治療を受けるといいでしょう。

また、オールセラミックは100%セラミックなので、より陶器の割れやすい欠点が出やすくなります。そこで、レジンという歯科用プラスチックを混ぜたハイブリッドセラミックや、ジルコニアという強度の高い素材をオールセラミックの歯の内側に施したジルコニアセラミック、すべてジルコニアで作られたオールジルコニア(フルジルコニア)、審美性は落ちますが金属のフレームにセラミックを焼き付けたメタルボンドを選ぶことで、強度を高めておくという方法もあります。

噛む力が強い、歯ぎしりの癖があるといった方は、はじめから強度の高いセラミックを選んでおくのがいいでしょう。

神経治療をしなかったら後から痛みが出てしまった

オールセラミックの治療では歯を削る必要があり、神経を抜くケースがあるとお伝えしましたが、神経を抜くと歯の寿命は一気に縮んでしまうため、神経治療をせずにオールセラミックの差し歯を入れることを選択する方もいます。

しかし、後になって削った歯に痛みやしみる症状が出ることがあります。この場合、歯の寿命を取ったがために、かえって痛みに苦しむという結果になり、後悔せざるを得なくなってしまいます。

このような失敗を避けるためには、オールセラミックに慣れた症例数の多い歯科医師のいる歯科医院で治療を受けることが重要です。神経治療は歯を削る量によっては必要になります。その見極めをしっかり行ってくれそうな歯科医師を見つけましょう。

残した神経が死んで膿が出てきた

オールセラミックの治療を受けた後に、残した神経が死んでしまい、膿が出てきたというケースがあります。むやみに神経を残してしまったがために歯根の中が感染してしまい、歯の根の先に膿ができてしまった状態です。しかしこれは神経治療を行ったとしても起こりうることです。神経治療はとても難しく、しっかりと治療しなければ、感染を起こすリスクがあるためです。このように膿が出た状態になってしまうと、当然、差し歯を外してまずは根の治療を行う必要があります。

このような失敗を避けるためには、先ほどの失敗と同じように、オールセラミックの治療の経験が豊富で、かつ、根の治療のうまい歯科医師のいる歯科医院を見つけることが重要です。特に、歯の削る量が多くなりそうな場合、根の治療は想定しておかなければなりません。一度同じ症例が多くあるかどうかを確認して慎重に歯科医院を選びましょう。

【まとめ】オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックの治療は、審美性が高く、成功すれば白く美しい形の歯を手に入れることができます。しかし、実際に失敗して後悔している人がいることは、治療を受ける前には必ず確認しておきたいものです。

今回ご紹介した失敗談は、実際に起きていることです。いずれも自分の身に起こることを想定して、必ずリスクを想定して予防策を一つ一つ行っておくことで、オールセラミック治療を成功させることができるでしょう。

オールセラミックの特徴と治療の種類


セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

セラミック矯正でガミースマイルは治せるの?

オールセラミックのデメリットは?

オールセラミックのデメリットは?

関連記事

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

ジルコニアセラミックの特徴と治療の種類

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

セラミック治療の流れとメンテナンスについて

受け口はセラミック矯正で治せるの?

受け口はセラミック矯正で治せるの?

保険と保険外の差し歯の値段と種類

保険と保険外の差し歯の値段と種類

セラミックインレーとは?治療のメリットとデメリットについて

セラミックインレーとは?治療のメリットとデメリットについて

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックの寿命とメンテナンスについて

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

オールセラミックの治療期間と治療の流れ

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項

オールセラミックで失敗と後悔をしないための注意事項